自分と向き合う日々

彼と会えない、連絡もとっていない

 

 

そんな期間は、神様が与えてくれた「自分と向き合う期間」

 

 

今いる環境で

 

 

今いる人たちへ

 

 

愛を注ぎながら

 

 

自分の今できることを

 

 

全うする期間なんですよね

 

 

でも

 

 

やっぱり彼のことは考えてしまいます

 

 

元気かな

 

 

お仕事頑張ってるかな

 

 

彼のことを想うだけで

 

 

自然と笑顔に

 

 

自然と幸せな気分になれる自分がいます

生を受けた日

「ツインレイ」という存在を知って

今まで考えたことのないようなことを、考えることが多くなりました。

 

 

全てが「生」を受けたその日から決まっていたのだとしたら

 

 

今まで出会った人たちも

 

 

今まで起こった出来事も

 

 

全てが必然で、全てが意味があるということ

 

 

 

そして、私をこの世に誕生させてくれた、両親への感謝の気持ち

 

 

 

ありがとう

 

 

 

主人への感情

私と主人との出会いは職場で、いわゆるデキ婚でした。

 

 

付き合い始めて1年数ヶ月後には、上の子が誕生していたので超スピード婚です。

 

 

そのせいか…

主人への感情は最初から「家族愛」でした。

 

 

そもそも付き合うきっかけも、主人からのアプローチが強く、押しに弱い私は流されるように付き合い始め、そのうち妊娠し、結婚へ…という運びになりました。

 

 

もちろん、付き合いだした当初は「好き」という感情はあったと思います。

 

 

でも、主人が私に抱いてくれている「好き」とは、私の感情は最初からズレがあったかもしれません。

 

 

 

今でも、主人に対しては何の不満もありません。

 

 

穏やかな性格で、真面目で、子供達や両親にも優しく、周りからも素敵な旦那さま…とよく言われてました。

 

 

でも私は、主人に対して恋愛感情が昔からなかったのです。

 

 

なんて酷い女だろう…

自分でもそう思っていたし、こんな感情が不思議でならなかったのです。

 

 

 

でも、ツインの彼に出会って…

その感情は仕方なかったのかな、と思えました。

 

 

 

自分の心には嘘はつけません。

 

 

主人に対しての「愛」は、いわゆる恋愛とは別物の愛だったのだと思うのです。

 

 

 

今でも変わらず主人のことは大切です。

 

 

 

でもそれは家族として…

 

 

子供達や両親に抱く「家族愛」と同じ感情なのです。

思い出せなくなるその日まで

彼と出会った頃から聴き始めた「back number」

 

 

その中でも好きな曲の1つに「思い出せなくなるその日まで」があります。

 

 

 

この曲…

私には、ツインレイの分離期間中の気持ちを歌った曲に聴こえます。

 

 

 

たとえばあなたといた日々を

記憶のすべてを消し去ることができたとして

もうそれは私ではないと思う

悲しみひとつも

分け合っていたのだから

 

 

 

私の半分はあなたで

そしてあなたの半分は

私でできていたのね

それならこんなに痛いのも

涙が出るのも

きっと私だけじゃないね

 

 

 

 

魂の片割れ

ツインレイという存在を知り「魂の片割れ」という言葉を知りました。

 

 

その言葉を知り、今まで彼が話していた不思議な言葉が段々と腑に落ちてきました。

 

 

彼が私の魂の片割れだったとしたら…

私のことが不思議と分かると言っていたのも

本当の私を知ってるって言ったのも

私の過去の話しを受け入れてくれたのも

全てが納得できたのです。

 

 

私は、魂の片割れが彼で良かったと思いました。

 

 

とても純粋で、素直で、笑顔が綺麗な彼…

 

 

私のないものを持っている彼…

 

 

私の今までの人生の中で起こった、辛かった様々な出来事が、全て彼に出会うための必然だったのだとしたら、そんな出来事を与えてくださった神様に感謝できます。

 

 

乗り越えてきて本当に良かったと…

 

 

彼に会わせてくれてありがとうと…

 

 

今は会えなくても

 

 

彼という存在に出会えたことだけで、幸せと思えるのです。

 

 

今、こんな風に文章を綴っているだけでも、涙が溢れて止まりません…

ソウルメイト

彼と出会い、ツインレイという言葉にたどり着き『魂』に対してとても意識をするようになりました。

 

 

数年前、仕事を通して知り合った20歳以上も年上の女性と、今でも連絡を取り合ったりお付き合いをしていますが、知り合った当時『魂』についてお話しをしたことがありました。

 

 

「魂が引き合うような出会いがある」と…

 

 

正直、当時はそのような話しを聞いてもあまりピンときませんでした。

 

 

魂という言葉は聞きなれなかったし、意識したことがなかったのです。

 

 

でも今思えば、彼女との出会いも、私の人生の転機になりました。

 

 

当時、仕事について彼女に相談をし、行動をし、現在に繋がっている部分もあります。

 

 

彼女に対しても、とても不思議な感覚がありました。

 

 

やはり話しをしていくと共通点が多く、自分の正直な想いを彼女には抵抗なく話すことが出来ました。

 

 

彼女の方も、いつも私を気にかけてくださり、人付き合いがあまり得意ではない私を、食事やカラオケなどに誘ってくれました。

 

 

魂を意識するようになった今、そんな彼女は「ソウルメイト」なんだと気づくことが出来ました。

優しい気持ち

彼のことを考えると、優しい気持ちになれます。

 

 

彼の笑顔は天使のように綺麗で、話し方はとても穏やかで、一緒にいる空間は優しい空気に包まれているのです。

 

 

本当に幸せでした。

 

 

今は連絡もなく、会うこともできないけど、彼と一緒に過ごした時間を想い出すだけでも、優しい気持ちに包まれます。

 

 

 

彼と出会えて本当によかった

今はとても辛くても、彼という存在に出会ったことは、私にとって幸せな出来事でした。

 

 

そんな幸せな彼との時間を私に与えてくださった、神様に心から感謝しています。